予約制。電話番号052-400-7236

名鉄名古屋本線「新清洲」駅 北口すぐ

MAP

〒452-0942 愛知県清須市清洲1185ルウ・ノーブル清洲2F

確かな技術で患者さんと真剣に向き合う、飾らないアットホームな歯科医院

愛知県清須市清洲の歯医者「岡崎歯科」。一般治療・歯周病の治療から、他医院と専門的に連携するチーム医療なども行っている。名鉄名古屋本線「新清洲」駅東口すぐ。

ナチュラルビューティーハイジニストの部屋インターディシプリナリー・アプローチ


          
          

Doctorbook 現役のドクターが推薦する理想の医師たち

SJCD

スタッフブログ

ホーム»  スタッフブログ»  スタッフブログ

スタッフブログ

スタッフブログ
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

パッション

勤務医の後藤です。
 
昨日は日本臨床歯科医学会名古屋支部衛生士部会オープン例会が開催され、当院の歯科医師、歯科衛生士で参加してきました。東大阪でご開業されている本多正明先生をお招きしてのオープン例会ということで参加者も150名を超え、大盛況の中、貴重なお話を聞くことができました。本多先生のお話で「longevity」という言葉がありました。我々歯科医師が手がけた治療がいかに長く健康に保てるかということを言うのですが、10年を超え20年、30年とメインテナンスを継続している長期症例を提示していただきました。歯科医師も神様ではありませんので途中で小さな介入が必要になる場合もあります。しかしこれだけ長期間にわたって患者さんに寄り添い続けることは簡単なことではありません。本多先生の歯科医師としての人生そのものを垣間見ることのできたような熱い1日でした。

昨日感じた情熱を胸に日々の臨床に取り組んでいきたいと思います。


2019-04-15 16:25:47

コメント(0)

折りたたむ

桜の開花宣言

こんにちは

本日、愛知県も桜の開花宣言が出されたそうです。
暖かいですし、風もなく穏やかですと嬉しい気持ちになりますね。
桜が満開になりましたら、五条川や清洲城でお花見できますよ。
新幹線も一緒に見られます。

この時期は、進級・進学・就職・転居など新生活に向けて忙しくも楽しい時期かと思います。
新生活が始まりますと、歯科受診をする機会が取りにくくなってしまう方もいらっしゃるかと思います。
新しい生活・新しい出会いの前にお口のメインテナンスにお見えになりませんか。

                                     

 平成31年3月22日 歯科医師 梶川賀絵

2019-03-22 11:29:11

コメント(0)

折りたたむ

THIS IS NAGOYA SJCD④

学術大会”THIS IS NAGOYA SJCD”はプログラム最終の「総括」で9名の演者が出揃い、質疑応答が展開されました。講演を終えたばかりのDr.オノデラが一向に下がらない熱量のままに答えれば、呼応するようにレジェンド達は自らの考えるところを惜しみなく私たちに伝え続けました。その一言一言を会場の皆が固唾を飲んで聞き入っていました。私は今まで、こんな静謐かつ集中力が持続するパネルディスカッションを経験したことがありません。壇上に立つ9名はまるで、この9名として登壇している奇跡のような、あるいは贅沢な、そんな時間をかみしめているかのようでした。そして最後に、四半世紀を数えるこの名古屋SJCDというグループは私たちにとって何だったのか、という根源的な問いがグループ創設者であるDr.ヨシキに向けられました。しばし沈黙が流れました。皆がそっと目を向けると、そこには嗚咽をこらえ、必死に言葉を発しようとする最年長者の姿がありました。万感胸に迫る思いをかき分けるようにDr.ヨシキは目的意識を持った者たちが集う意味合いを私たちに語りかけました。
 
こうしてTHIS IS NAGOYA SJCDは幕を下ろしました。関わった全ての方々への感謝の気持ちに揺さぶられながら。
 
このブログを読んでくださっている中学生や高校生諸君がいたら知って欲しいのです。歯科衛生士、歯科技工士、歯科医師、歯科医療に関わる職業の持つ奥行きの深さ、社会に地域に貢献できる使命の大きさ、そして自らの仕事と人との結びつきから得られる人生の機微への視座、あらゆる面で歯科医療に身を置くことは誠実な人生をあゆむためのビッグチャレンジになる、ということを。随分大きく出てしまいましたが、そうしたビッグチャレンジが本気の扉の向こう、もう、すぐに広がっているのです。そして、この、日本臨床歯科医学会名古屋支部(名古屋SJCD)は本気の扉の一つだと言い切れるのでした!

平成31年3月6日 院長 岡崎伸一

2019-03-06 09:41:30

コメント(0)

折りたたむ

THIS IS NAGOYA SJCD③

当日は今まで経験したことのない多くの参加のみなさんがぞくぞくと来場されました。全会員が総力を挙げて準備に走り回り、一大イベントが始まったのです。じゃんじゃじゃ〜ん!早速支部長の趣旨説明、足もすくむってものですが、この大会にかける思いを話しきりました。ふぅ、と息を吐きながら舞台袖に戻ると、こんな舞台は百戦錬磨の次演者Dr.タガハラが笑顔でよくやったと迎えてくれたのでした!そして自ら颯爽と登壇していったのです!かっけ〜!超かっけ〜!頼りんなる!この僕より10年先輩のDr.タガハラ、自らの名前を冠する診査機器を開発したり、SJCDアワードだったり、現在大学院生だったり、超アグレッシブなのです。昔、保険診療の低評価を嘆いていたら「甘いな。それで倒産してるわけじゃないのに。」とたしなめられました。無茶なこと言わっせる、と感じたのですが、そんなせりふが出てきちゃう男気と、事実Dr.タガハラが行なっている仕事の一つ一つの気合いの入り様に、俺、甘かったっす!とひれ伏し涙したのでした!Dr.タガハラの安定感のある落ち着いた語り口を今度は次演者のDr.アンドウがニヤリとしながら「さすがだ。」と評していたのです。このDr.アンドウ、飄々としながらも先取精神に富み、ワイン片手に大人の余裕を語らせれば右に出るものはいないジェントルマンなのです。講演終了、大拍手!舞台を降りたDr.タガハラをDr.アンドウが「お疲れさん!」とねぎらいます。この風景、健全な少年少女諸君なら様々な行事で当たり前のように見られると思うのですが、プロ意識が醸成しきったバリバリのベテランにはもはや不可能への挑戦といっていい代物なのです。が、できてる!それも自然と笑顔になってる!その後もバトンは人並みはずれた熱量で魅了する私の師匠Dr.ナカガワ、名古屋SJCD生みの親にして鋭敏な臨床感覚をあわせ持つDr.ヨシキ、さらには数々の若手歯科医師を輩出し続ける後進育成力のDr.ミワへと渡っていったのです。レジェンド達の講演は各々が過去最高のパフォーマンスではないか、と思わせるほどに充実したものに感じました。Dr.ミズノの長期経過報告は圧倒的、静謐の中に響くDr.マツシタの語り口は場の雰囲気を独占しました。さらに治療速度に定評のあるスピードスターDr.コイデは講演が進むにつれて熱を帯び、あっという間に最終スピーカーのDr.オノデラへ。臨床データの集積と分析に裏付けられた国際水準の発表は、臨床上の疑問に何処までもくらいついていくDr.オノデラの真骨頂であり、その熱量たるや人知を超えていました。まさに大団円でした。

平成31年3月5日 院長 岡崎伸一

2019-03-05 14:24:16

コメント(0)

折りたたむ

THIS IS NAGOYA SJCD②

よしやってみよう!とスタートした企画ですが、準備を始めるとこれが難しい。意気込みだけでことが運ぶはずもなく、これどうしたらいいっすか?や、あの先生がこんな苦言をおっしゃってますや、おい支部長!などが噴出するわけです。え〜と、え〜と、そうですね〜少々お待ちを、などと言ってる間に非礼や不満がじゃんじゃん出てくるので火消しに駆け回るという、ダメダメ社長の自転車操業丸出し状態だったのですが、そこにこのグループの素晴らしい一面が現れるのです!そう、それは協力体制を組む仲間の存在なのです。さすが、我がグループ!登壇するベテラン勢はもちろんですが、およそ僕より10歳くらい年下の脂ののった若手たちが、まあ考えられないほどの大車輪の活躍をしてくれるわけです。そして事務方メンバーも粉骨砕身ミラクルな活躍でこの大会の大成功に向かって伴走集団がひた走っていくのでした。徐々に参加者も増え、自分たちがしようとしていることの重大性がにじり寄ってくるのを支部メンバーがひしひしと感じ始めます。呼応するように演者であるベテラン勢の講演内容の見直し作業も熱を帯びてくるのでした。
さて、このベテラン勢9名、なかなかの強者揃いで、皆それぞれ一家言持ってる猛者なのです。これまでの会の歴史の中でお互いに敬意はもちろんあるのですが、重ねられた自由討論の中には批判や、嫉妬やわだかまりや諸々があったり、そもそも俺は群れたりしない、などという確固たるものが厳然とあったりするので、例えば皆が一体感を持つ、とか、ましてや仲良くなどということはあり得ないのでした。まあ、そうでしょう。それで良いのです。今までは。でも今回はちょっと違うのです。演者のリレー講演では流れが必要です。話の筋道や展開が聞く人たちにとってわかりやすく、興味が持てるものでなければなりません。俺だけはこうする、ではダメなのです。それはベテラン勢も重々わかっていて、つまりこれは今までしたことのない、「協力」にチャレンジしないといけないぞ、という未知なる挑戦を、なんと!この9名、すごい勢いで進めたのです。頻繁に会って内容を協議し、正月早々合宿をし、隙間の時間に毎日のように集まり、もう、ロッキーのトレーニングテーマが鳴り響くような日々を重ねていったのです。その日々は長年のライバルの新たな一面の発見や、お互いを深く知ることにつながりました。やがて、猛者たちの口からお互いをねぎらう言葉がポツリポツリと発せられ、自然と、笑顔が出てくるようになっていったのでした。

平成31年3月5日 院長岡崎伸一

2019-03-05 14:22:22

コメント(0)

折りたたむ

THIS IS NAGOYA SJCD①

2月24日は支部長を務める日本臨床歯科医学会名古屋支部の学術大会が開催されました。なにやら長い学会名ですが、このグループは25年の歴史を数え、全国最大規模のスタディグループSJCDの12支部の一つなのです。このグループについて語りだすとキリがないのですが、簡単に言えば、腕利きの歯科医療人になりたい!とか俺の仕事を見てみろ!みたいな、意欲と向上心と志と負けず嫌いとが渦巻くミキサーの内容物のような集団なのです。さらに嫉妬や焦りや尊敬や爆発的な喜びや、何もかもが大きな振幅で人を揺り動かし、そうした人と人の強固な結びつきからメンバー全員が歯科臨床力の向上を目指し続けるやる気に満ち満ちたグループでもあります。グループ内には数々の大物やご意見番や新進気鋭や用心棒、特攻隊長など、もう、ぐうの音も出ないほどの特徴づきすぎな人々が揃っているのです。そもそも医療人はその仕事上の責任感から、とても優しそうなのに、やっぱりお勉強されてきた人は違うわよね〜と言いたくもなるプライディ(こんな言葉あるか?)な方々が多かったりするのにさらにその中でもその仕事の精度や妥当性を厳しく問いただす!みたいなグループに足を運ぶ人たちが厳しくないわけがありません。なかなか大変な思いもするのですが、それでも日々の診療で患者さんに自信を持って様々な提案ができているのは多分にこのグループで研鑽してきたから、と言い切れるのですよ、これが。私自身は16年所属しているのですが、な、なんと今はそのトップを任されているのです。自慢に聞こえちゃいますか?ですよねですよね。でも!もう、どう聞こえてもいいのです!この支部長という役目、このブログで散々書いてきた劣等感やウジ虫や、もうそんなこと言ってる場合じゃないくらい大役なのです!先ほど述べたように数々の特徴づきすぎな、でも魅力的な人々が居並ぶ集団をまとめ上げるなど到底無理なのですが、一つ気付いちゃったのです。この特徴きすぎ&魅力的な人々から学ぶ恩恵を受けるだけ受けて「これいいよ。」って言ったことなかったなぁ、ってことに。せっかく歯科医師になったっていうのに自分のことばっかりで、この歯科医療界全体を盛り上げていく姿勢が乏しいぞよ、おぬし。誰に言われたわけでもないけどそういうことで今回の大会では私たちグループの中核を担ってきた経験豊かな9名の演者がリレー講演する、という、まさに私たち名古屋支部の強力な布陣でその存在意義を世に問うビッグチャレンジに打って出たのです!その名も“THIS IS NAGOYA SJCD”だったのです。

平成31年3月4日 院長 岡崎伸一

2019-03-04 16:01:51

コメント(0)

折りたたむ

花粉症

ここ一週間程は少し暖かさを感じるようになりましたね
私は この時期は花粉症に悩まされます 5月頃まで続くので
春がちっとも嬉しくないのです さて お口の方も大変なこと
になっています 常に鼻水 鼻詰まりで口呼吸になり口の乾き
咳まで出る これが3ヶ月は続く訳ですから念入りなお口のケ
アが必要です 皆様 最近歯医者から遠退いてるいらっしゃる方
是非 お掃除に来てみて下さい 的確なアドバイスをさせて頂き
ます
歯科衛生士  渡邉 寿代

2019-02-26 14:32:36

コメント(0)

折りたたむ

結婚式

新年を迎えたのはついこの前なのに、あっという間に
1月も終わろうとしています。早いですよね。

雪が少しちらついた先日、結婚式に出席させて
いただきました。新郎新婦さんの企画、おもてなし、
新婦さんの美しさ、どれを取ってもとても素敵でした。
そして何よりもお二人の人間力。
周囲を笑顔にさせる力、醸し出す空気感、
新郎さんの男らしさ、新婦さんの穏やかさ。
「あ~きっと幸せな家庭をつくれるだろうな~。」
わずかな時間でしたが生意気にもそう感じ
余韻に浸っていました。
外に出ると頬にあたる風はとても冷たかったですが
こころはほっこりと温かくなる日でした。

皆さんにも「心がほっこり」となる日が1日でも
多くなる年でありますように。

                                      歯科衛生士 小田君江

 

2019-01-29 11:40:36

コメント(0)

折りたたむ

48才のパターン

ブームなのでしょうか?手帳、手帳、手帳。文具売り場はこの時期もれなく新しい年に向けて手帳でギッシリ。様々に趣向を凝らし、あらゆるニーズを網羅して、私たちのインスピレーションを目覚めさせるのです。それって素敵じゃないですか。カラーペンの彩りも鮮やかにキラキラのアンダーラインで、偶然見つけたカプチーノが美味しいカフェをメモっちゃえ、とか、この日の午後はお気に入りのシャツを着て南青山で待ち合わせ、きゃ〜、とか、海だーっ!イェ〜!とか書いちゃおっかな〜、みたいな。とにかくウキウキで、手帳を見てるだけできっと新しい年は素敵なことがいっぱい起こるような気になってしまうのです。ルンルン。
 と言いながら未だ買ってはいないのですが先日、とあるお店でそれはそれは素敵な青い手帳を見つけたのでした。となりで妻が「これ、いいなぁ。」と目を輝かせながら手にとって何度も何度も見本のページをめくるので「これ、そんなにいいの?」と聞くと、「えっ!知らないの!」と私に憐れみの表情と同時に残念ショー!とファンファーレが耳の中で鳴る、というお決まりパターンがやってきたのでした。そんな私のたじろぎなどおかまいなしに妻はその手帳をペラペラめくりながら店員さんと「やっぱりコレですね〜。」などとルンルンしているのでした。にもかかわらずその手帳を買うこともなく店を出たので、「あれ?気に入ったんじゃなかったの?」と聞くけれど「きっと高いからやめとく。」と。「え?いくらなのあれ?」「値段見てないけど高いことはわかる。」恐るべし。見ただけで高いとわかるとは。それも単なる手帳なのに。結婚して20年近く経つのに相方のポテンシャルを未だ見極めていない。などと考えていたら、そうだ!誕生日だ。妻の誕生日プレゼントにあの手帳を渡したらさぞかし喜んで私のことも憐れみからちゃんとした人へとジャンプアップするはずだ!うしし。ということで後日一人でもう一度そのお店に行き、例の素敵な手帳をくださいな、と店員さんに声をかけた後、衝撃の一言が!
「ありがとうございます。2万円になります。」
「にまんえん?」えっ?えっ?急に汗!店員さんのにっこり笑顔の圧に押さえ込まれて判断能力を失った。とにかく財布の中を見よう!えっーとえっーと、無い!!ぐぐ!
そして、ぎっと手を固く握り締めながらやっとの思いで絞り出すように言ったのでした。
「すみません・・・ナメてました・・・。」わなわな。
すると店員さん、こちらもございますよ、と半分サイズのものを!ああ!それなら買えます!買いたいです!本当はそのサイズが良かったかもしれないです!わんわんわん!!・・・・・・これお決まりパターン。早く大人になりたいっす!妻の「わっ!うそ!ありがとう」がなければ、と思うとゾッとする平成最後の12月なのでした。

平成30年12月15日 院長 岡崎 伸一

2018-12-15 14:02:06

コメント(0)

折りたたむ

岡崎歯科 移転について


既にご存知の方も多いかと思いますが、
この新清洲駅前も区画整理で着々と工事が進んでいます。
あっという間に、見慣れていた景色が一変し、驚きです。
患者様からも同様のお声が多数ありましたので、
不安に思ってみえる方が多くいらっしゃると思います。
しかし、移転先はすぐ近くに予定しておりますので、
ご安心くださいませ。
(予定地に看板を設置しています。)
ご心配、ご不明な点がございましたら、
随時質問を受け付けております。


岡崎歯科では、患者様お一人お一人と真摯に向き合い、
精密な治療をしております。
そして、新しい機器を積極的に導入し、
院内全体で勉強会を実施したりと、
さらにさらにパワーアップしています。


       平成30年11月22日 受付秘書 荒木 留美
 

2018-11-22 14:43:10

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5